仕事

新入社員が5分で同期に差をつける方法

多くの人が忘年会や年末の挨拶に忙殺される中、一人黙々と新規ビジネスの種まきをやっているイシコです。

12月に入り残すところ営業日ベースだと後10日程度ですね。

この時期は誰しもが「頼むから今年はトラブルなく、平和に終わってくれ」と静かにしている時期ですが、僕自身は新しい案件の仕込みに集中することが多いです。

で、そんな中、以前から一目置いていた後輩から「○○メルマガ」といつもの週報が届いたのを見て、ふと思ったことがあります。

この記事にすかさず反応をくださった、とん@自由な社畜さんの返信に答えはすべて書かれています。

本当にこれだけなんですよね。

自分の業界のキーワードをGoogle Alertに登録しておき、毎週その記事の中から発信先のメンバーの興味・関心の強そうなものをいくつか選び、「○○メルマガ」や「○○通信」と大層な名前をつけて発信するだけ。

記事のコピペでも良いですが、理想は一言コメントをつけたいところですね。

このように書き出すと簡単だし、こんなのは毎週月曜日の朝、5分早く出社するだけでできちゃうんですが、その効果はかなり高いと思います。

その効用は、会社に重宝されること、そして続けていると自分に情報がどんどん集まってくるので、結果的に自分が一番詳しくなります。

ポイントは

読者のために発信しているが、最大の受益者は発信者本人である点

発信を継続していると、それだけで自分の蓄積されるのはもちろんですが、関連情報は必然的に発信者に集まってくるようになります。

その結果、気づいたら発信内容の分野でキャラを確立できる可能性大です。

差別化するのにはもちろん膨大な労力を要するものもありますが、このように毎週たった5分で社内で目立ったり、キャラを確立させることも十分可能です。

なので、気になる人は明日からやってみましょう。

(くれぐれも、新年からやってみようなど言わないように笑)

ではでは、今日は短いですがここで。

イシコ

ABOUT ME
アバター
イシコ
総合商社勤務・海外駐在を経て、ベンチャー商社へ転職。 転職後の”時給”は2倍に。21世紀を生き抜くサラリーマン像を追い求めながら、仕事や家庭、英語、キャリア等のつぶやきをお届けします。