英語

商社マンがオススメする英語スピーキングの効果的な勉強方法(オンライン英会話)

こんにちは、イシコです。

先日、ブログで「商社マンがオススメする英語リスニングの効果的な勉強方法」を紹介したところ、好意的なコメントをいただきました。

商社マンがオススメする英語リスニングの効果的な勉強方法(TED編)ご無沙汰しております。 イシコです。 自己紹介の次は、商社マンの僕が英語リスニング力を上げるために通勤時間のみに実施している...

これだけのリスニング教材がフリーで手に入る世の中は素敵ですね。

さて、リスニングの記事を公開後にいくつか問い合わせがあったのは、

「リスニングは分かった」

「じゃあ、スピーキングはどうしたら良いの?」

「ちなみに留学いく時間やお金はないよ」

といった質問でしたので、今日はサラリーマンをやりながらスピーキングを効率的・経済的に向上させる具体的な方法をご紹介します。

※スピーキングはビジネス英会話を想定

※TOEICは最低でも800点以上を想定

結論としては

「オンライン英会話を使い倒せ」

ですが、他の記事のようにオンライン英会話の比較ではなく、あくまで僕流のオンライン英会話の使い方を紹介します。

(おそらく、各オンライン英会話が推奨しているカリキュラムや方法とは異なるかもしれませんがご容赦ください…笑)

オンライン英会話の特徴は?

この辺は既に情報もたくさんあるので軽く復習程度に。もう知ってますよね。

  • 基本的に25分間のレッスンを1コマとして設定
  • 1レッスンあたりの単価は200円〜400円
  • レッスン可能時間は20時間〜24時間/日
  • 自分で講師を選ぶ

で、どうオンライン英会話を使いこなす?

我流ですが、個人的には自信を持ってオススメできます。

一つ一つ順を追って見ていきましょう。

講師はどう選ぶ?

1. 相性の良い講師で固定

僕の経験からは、相性の良いと感じる2-3人に固定した方がよいと思います。

僕自身が選んでいたのは下記のような3人の講師でした。

  • 自分の仕事に近いキャリアの経験者(男性)
  • 口うるさく間違いを指摘してくる女性
  • 外見が自分のタイプの女性

講師はどうしても女性比率が高いですが、必ず男性講師も選びましょう。

特に男性の方が女性講師からだけ学ぶと、女性っぽい話し方になる恐れもあります。

2. 手を抜かずに自分の間違いを指摘してくれる人

中級者以上になると、会話が成り立ってしまうので、講師も理解できてしまうことからスルーされることもあると思いますが、ここで手を抜かずに指摘してくれる講師はあなたの心強い味方です。

3. 自分の好みの外見の講師を選ぶこと

動機は不純で良いんです。

続かなければ意味がないので。

僕自身も昔受講していたときは、「○○ちゃんに会いたい(スカイプだけど)」みたいなモチベーションで続けてました笑。

脱線しましたが、性別や年齢はいくつかバリエーションを持って選ぶと良いでしょう。

僕自身もアメリカ留学経験はあり、当時は「アメリカ英語=世界の英語」と勘違いしていましたが、冷静になると、人種の数だけ、世代の数だけ、性別の数だけ、多様な英語があることを痛感しております。

そしてビジネス英語を学びたければ、自分と同じ業界経験者の講師がいるのが理想ですね。

レッスンの進め方は?

レッスンも各オンライン英会話のカリキュラムがあると思いますので、基本的にはそれに従うことになります。この辺はカリキュラムに沿ってマジメにやるのが大前提です。

で、僕自身がオススメするのはフリートーク。

こういうと各運営会社に怒られそうですが、10分で良いのでフリートークの時間を確保しましょう。フリートークの方法は次に紹介します。

フリートークの進め方

最初にクリアにしておきますが、オンライン英会話の目的が仕事で使うビジネスの向上である場合の方法です。

順を追って説明します。

レッスン前に気になる記事を選択

例えば、9月5日の日経新聞で気になる記事を見つけたとしましょう(↓)

Googleでキーワードを入れてニュース検索し・・・

スクロールしていくと…

それらしき記事が見つかりました!!

で、クリックするとその記事が出てきます。

といった要領でレッスン前に記事を探し、事前に一読。

一読後、いよいよレッスンへ

おそらくレッスンの半分以上は規定のカリキュラムに従って会話します。

フリータイムになったら…

慣れてくると、僕自身は「レッスンの後半に10分フリートークさせてほしい。気になる記事を準備しているので」と伝えておきます。

その上で、読んだ記事を自分で要約して説明します。

ここ大事なので繰り返します。

自分で要約して説明しましょう。

そして、読み終わったら一言。

「Do you have any questions?」

そこで色んな質問が飛んでくると思うので、その場で記事に関するディスカッションがスタートします。

毎日10分でも自分の興味・関心のある記事を紹介して議論を続ければ、必ず関連する単語や言い回しは身に付いてくるはずです。

僕自身は一時期半年間ほど、この手法で自分の関連する記事をピックアップしてレッスンを受けていました。

これを続けていると、少なくとも自分の興味のある業界やそれに関連する専門用語は身に付くし、自然と話せるようになるはずです。

「本当の英語力はそこじゃない」というご指摘も受けそうですが、まずは自分の仕事内容について英語で語れるようになることが、ビジネス英語の第一歩だと思いますので、諦めずに半年続けてみてください。効果は必ず出ます。

で、結局どこのオンライン英会話が良いの?

正直、この環境が整えば、どこのオンライン英会話でも成長は実感できると思っていますが、あえて選ぶとしたらどこ?という質問にお答えしたいと思います。

僕的な第一位はビズメイツ

です。

こちらはビジネス英会話に特化したオンライン英会話サービスです。

講師やレッスンの質が高いと受講生から評価されているサービスの一つです。

しかもオススメなのは、同サイトでは、ビジネスの専門用語や異文化理解・ビジネスマナーも学べます。加えて、講師の方は社会人経験者なので、最低限のビジネスの素養もあって、色々と突っ込んできてくれるはずです。

同じオンライン英会話の同業他社と比べると、若干割高ですが、正直コスパ的には他社を遥かに凌駕していると思います。

が、合う合わないはありますので、まずは無料レッスンを受けてみるのをオススメします。

オンラインでビジネス英会話 Bizmates(ビズメイツ)

個人的に、ビジネス英語を学ぶのであればビズメイツをオススメしますが、価格重視でかつ良い先生が見つかるのであれば、下記でも良いと思います。

ネイティブキャンプ

レアジョブ

 

※いずれにしても、一度無料レッスンを受けてみて、相性の良い講師を見つけることが大事です。

最後に…

どのオンライン英会話サービスも、包括的に英会話力を伸ばすようにカリキュラムが組まれていると思いますが、大事なのは自分自身がどの分野を特に伸ばしたいか。

そしてもしその分野が自分と関わりのある分野のビジネス英会話であれば、上記の方法をぜひやってみてください。

それでは。

ABOUT ME
アバター
イシコ
総合商社勤務・海外駐在を経て、ベンチャー商社へ転職。 転職後の”時給”は2倍に。21世紀を生き抜くサラリーマン像を追い求めながら、仕事や家庭、英語、キャリア等のつぶやきをお届けします。