英語

商社マンの僕がTOEIC900点を目指すべきだと繰り返す理由とは?

ご無沙汰しております、イシコです。

ところで皆さん、TOEICって受けたことありますか?おそらく僕のフォロワーや本ブログの読者の方であれば、「一度も受けたことがない…」って人はまずいないかと思います笑。

僕はこれまでツイッターでことあるごとに「TOEIC900点を目指そう」と言ってきましたが、それには訳がありますので今日はその理由についてまとめてみたいと思います。

結論を先に書きます。

「TOEIC900点はコスパ最強の錯覚資産で、本物の資産を手に入れる強力な武器になりうるから」

いきなりですが、さっそく僕自身の発信内容を少しまとめてみましたのでご覧ください。

かれこれ3年以上同じことを言っております。

さて、この一連のツイートを含め、今回改めてまとめてみようと思ったきっかけになった一冊の本があります。それは、ふろむださんの著書である『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』です。

この本で何度も出てくる「錯覚資産」という考え方が、まさしくTOEIC900点を表現するのに最適だと思って紹介してみました。

著書によると、「錯覚資産」とは、

「人々が自分に対して持っている、自分に都合のいい思考の錯覚」

であり、これは一種の資産として機能する。

まさしくTOEIC900点とはこれに当てはります。

いや、ドンピシャです。

なぜなら、、、

TOEIC900点はなんと上位たったの3.6%!!!

(の割にとるのは難しくない)

出典:http://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/pdf/DAA.pdf

TOEIC900点の難易度に関する僕の考え方は下記の通り。

ハッキリ言って、受験勉強と同じなので誰でも参考書を真面目にやれば必ず到達できる点数だと思っています。

ここが一番辛い時期だと思いますが、900点をとってしまえば、後は周囲が錯覚して持ち上げてくれるので、歯を食いしばって頑張りましょう。

正直、TOEICであれば独学でも到達は十分可能だとは思いますが、自分自身で到達が難しいと感じている人は外部サービスを利用するのも手だと思います。瞬間的には投資が必要になりますが、TOEIC900点を取れるのであれば一瞬で回収可能です。

この点については、GAFA勤務のnakgee(ナクジー)GAFA勤務×人財複業のキャリア論さんのツイートが非常に参考になりましたので紹介したいと思います。

ここで言う「英語人材」の手っ取り早いアピール方法が繰り返しになりますが、TOEIC900点となります。

従って、ダラダラ継続する割に結果が出ないという人にとっては、ライザップイングリッシュのようなサービスはしっかりと使いこなせば、決して高額な投資ではないかなと思います↓

またはTOEICに特化したスタディサプリのパーソナルコーチプランなども利用しても良いかもしれません↓



社内で「英語できるキャラ」を確立できる

(本当に英語ができるかはさておき…)

僕のいた前職の総合商社もそうですが、日本だとたった3.6%しかいない900点超えのステータスは英語力が目立ちます。

ここでのポイントは、意外と社内で900点の真の実力(実は大したことない)を知っている人がいないので、錯覚資産のレバレッジがきくこと。

周りが過大評価してくれるので、できるフリでもしながら、裏ではコツコツと実力アップのための自己研鑽に励みましょう。

TOEIC900点の特徴を一つ紹介しましょう。

「TOEIC900点取ったことのある人しか、900点なんて実は大したことないということを分からない」

「英語できるキャラ」=「海外駐在・出張」のチャンス増!

(本物の資産を手に入れる大チャンス)

当然ですが、英語ができると思われれば(本当にできるかはさておき)、本当にチャンスは沢山巡ってきます。

そうすれば、本当の意味で語学力を伸ばす絶好のチャンスとなります。この点については、一度お会いしたこともある丸尾さんが非常に的確な発言をされています。

僕自身も留学や駐在を経験しましたが、英語を日常で使用できる環境に身を置けば、日本でコツコツ上達しているのと比べ物にならないくらい飛躍的に上達します。

ですので、それまでは「話すのは苦手…」みたいなネガティブな思考はおくびにも出さず、しれっと「英語できるキャラ」を貫いておきましょう。

もちろん日本でできる努力を継続することも大事です。

何度も紹介していますが、スピーキングを日本にいながら上達させるにはオンライン英会話がベストだと思いますので、ぜひ毎日コツコツこなしておきましょう。

オンライン英会話の有効な使用方法についてはこちらをご参照ください。

商社マンがオススメする英語スピーキングの効果的な勉強方法(オンライン英会話)こんにちは、イシコです。 先日、ブログで「商社マンがオススメする英語リスニングの効果的な勉強方法」を紹介したところ、好意的なコメン...

転職時にも「語学力不問」でチャンスが広がる!

(もちろん、年収を上げる大チャンス!)

僕自身は転職活動中に、いくつかオファーをもらいました。

やはり「外資」は日系企業よりも給与のベースは高いですが、条件に「英語はビジネスレベル」と言った文言を見かけます。

ここでポイントは、

このビジネスレベルの定義が曖昧なので、TOEIC900点をあればとりあえず語学力については問われないことが多い点

(もちろん、転職活動中に英語面接があったり、外国人のヘッドハンターとの英語のやり取りなどもありますが)

まとめ

本日は以上となります。

TOEIC900点をまだ取っていない人は、今日からやりましょう。

余談ですが、僕個人が2年連続年始に♯イシコチャレンジと命名して、TOEIC900点を目指す緩いコミュニティーを作っております。

既にTOEIC900点を取っている人はドヤ顔でTOEICを卒業し、オンライン英会話等で今できる学習を続けながら、大きなチャンスを掴む努力を継続しましょう。 (僕の個人的なオススメはビズメイツ↓です)

※ちなみにTOEIC900点の勉強方法については一切説明していませんが、まぁ適当にググってみてください。よほどのことがない限り、皆の言っているようなことを継続すれば900点は確実に取れますので。

ではでは。

ABOUT ME
アバター
イシコ
総合商社勤務・海外駐在を経て、ベンチャー商社へ転職。 転職後の”時給”は2倍に。21世紀を生き抜くサラリーマン像を追い求めながら、仕事や家庭、英語、キャリア等のつぶやきをお届けします。